フィンジア

9.人気の育毛剤「フィンジア」の成分で育毛はできる?

 

安全で効果が高いと人気を集めている育毛剤「フィンジア」ですが、本当にその成分で育毛することができるのでしょうか?
まず結論から言えば、フィンジアに含まれる成分があれば育毛はできます。
育毛剤によって育毛するためには、
@AGA(男性型脱毛症)が進行しないように保護する。
A保護した後に毛に栄養を与えて育てる。
という2つのことが重要であり、これを可能にするための成分が含まれている必要があります。

 

フィンジアの成分を見てみると、保護成分として「キャピキシル」「ヒオウギエキス」「カプサイシン」という成分が含まれています。
「キャピキシル」と「ヒオウギエキス」はAGAの原因となるジヒドロテストステロンを生み出さない効果があり、「カプサイシン」には毛穴を広げ有効成分を浸透しやすくする効果があります。
次に育毛成分としては「キャピキシル」と「ピディオキシジル」「ヒキオコシエキス」「センブリエキス」といった成分が含まれています。
「キャピキシル」にはAGAの進行を抑えるだけでなく細胞増殖を促し毛髪を育てる効果があります。
また「ピディオキシジル」には血管を拡張し毛髪の隅々まで栄養(血液)を届ける効果、「ヒキオコシエキス」と「センブリエキス」には血行促進効果があります。

 

つまり、フィンジアにはAGAを抑え、かつ毛が成長する手助けをしてくれる効果が十分期待できると言えます。
成分表記されていても配合量が少なければ効果も期待できませんが、フィンジアの場合実際に使用した人の口コミを見ても、しっかり育毛できたという声は聞かれるため申し分ない量の成分が配合されていると言えます。

 

 

 

 

10.フィンジアに含まれる成分に副作用はあるの?

 

高い育毛効果が期待できるとして人気の育毛剤「フィンジア」ですが、その副作用はどうなのでしょうか?
調べてみたところ、特別気になる副作用はないようです。
基本的にフィンジアには、医師の許可がなければ使えないようなハイリスクの成分は配合されておらず、天然のエキスを中心に作られているため安心です。

 

ミノキシジルは医師の許可がなければ使用できない成分ですが、このミノキシジルと似た成分である「ピディオキシジル」がフィンジアには含まれています。
しかし構造が似ているというだけで、副作用の心配は一切ありません。
フィンジアに含まれているキャピキシルやピディオキシジルという成分は、そもそも「ミノキシジル以上の効果があり、かつ副作用がないもの」という考えのもとで研究開発された成分ですから、安心できると言えます。

 

しかしすべての人に副作用が起こらないというわけではありません。
もしかすると、体質によってはフィンジアに含まれる成分でも合わないものがあるかもしれません。
肌荒れやひどいかゆみ、炎症などの拒絶反応が起こってしまった場合は、速やかに使用を控えることが大切です。
フィンジアには全額返金保証もついていますので、もしも体質に合わない場合は返金手続きをすることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

12.フィンジア育毛剤と薬用プランテル、薄毛に効果が高いのは?

 

フィンジア育毛剤と薬用ブランテルはどちらも育毛効果が高いと人気の育毛剤であり、購入を考えている人の中には「どちらを購入すればよいかわからない」という人も少なくないのではないでしょうか。
育毛剤はどれも同じではなく、悩みに応じて育毛剤を使い分けることでより高い育毛効果が期待できます。
ここではこの2つの育毛剤の違いについて紹介したいと思います。

 

まず悩みを抱えている部位についてですが、頭皮全体のケアをしたいという人にはフィンジア育毛剤が、前髪などM字部分の薄毛対策をしたいと考えている人には薬用ブランテルがお勧めです。
フィンジアは基本的に30代を過ぎ頭皮が固くなってしまった人に対して、高い育毛効果を発揮します。
これはフィンジアに含まれるキャビキシルとピディオキシジル、カプサイシンという3つの有効成分が相乗効果により非常に高い育毛効果を生み出すためです。
これに対し薬用ブランテルは男性ホルモンに特化してつくられた育毛剤であることから、特にM字型の薄毛の改善に効果が期待できる育毛剤であると言えます。